イヌ

犬のいる生活は幸せでしかない!飼うことでのメリット8つを紹介!

みなさんこんにちは、イヌアイロンです。

ロバ
ロバ
犬を飼いたいんだけど、良いことが色々あると思うんだけど、実際どうなんだい?

イヌアイロン
イヌアイロン
良いことはいっぱいあるよ〜!

みなさんは犬を飼っていますか?

イヌアイロンは幼少期から犬と共に育ち、現在ではジャックラッセルテリアと生活しています。

先代犬が亡くなってからは数年間は犬の居ない生活をしていましたが、『やはり犬と生活がしたい』と言うことでジャックラッセルを飼い始めました。

犬のいる生活はメリットがたくさんありますので、本記事では犬を飼うことで得られるメリットをまとめてみました。

犬を飼う事で人生が豊かになると本当に信じています!

この記事をみてわかること

・犬を飼うことでのメリットがわかります

さっそくいってみましょう!

犬のいる生活は幸せでしかない!飼うことでのメリット8つを紹介!

犬のいる生活は幸せでしかない!飼うことでのメリット8つを紹介!

犬は人の良きパートナーです。

犬を飼うメリット

犬を飼う事でのメリットはたくさんあります。

それぞれ紹介していきます。

・その①:可愛くて癒される

・その②:毎日楽しい

・その③:寂しくない

・その④:運動になる

・その⑤:アウトドア派になる

・その⑥:社交性がつく

・その⑦:いつまでも子供

・その⑧:生と死を学べる

1つず解説していきますね。

①可愛くて癒される

可愛くて癒される

犬と一緒に暮らしていると癒されます。

会社で汗水垂らし、そして怒られた後でも、家に帰れば犬は飼い主に毎日愛情をたっぷり注いでくれます。

毎日、とても嬉しそうに寄り添ってくれるのは非常に癒されます。

②毎日楽しい

毎日楽しい

犬を飼うことによって毎日楽しいです。

本当にいい意味でバカなので、見ていて面白いです。

犬と一緒に遊ぶことは楽しいです。

③寂しくない

寂しくない

犬と一緒にいる事で寂しくはありません。

一人でいるときも、犬がいれば全くさみしいことはありません。

料理をする時も、部屋でくつろいでいる時も犬はいつもそばにいてくれます。

本当に、良き相棒です!

④運動になる

運動になる

犬を散歩させる事で人間の運動も同時に行うことができます。

家でダラダラしたい日でも、愛犬のためならば散歩に行く必要がありますよね。それと同時に運動ができる!

一石二鳥だ〜

⑤アウトドア派になる

アウトドア派になる

④の散歩につながりますが、犬がいれば嫌でも外に出ることになります。

犬と一緒にいろんなところに旅をすることもできますし、一緒にキャンプなんかもできます。

犬と一緒にキャンプができるキャンプ場では、色々なワンちゃんがいてとても楽しそうです。

毎回泥んこになりますが…

詳細は長くなるので別の記事にまとめましたので、あわせて読んでもらえればと思います。

⑥社交性がつく

社交性がつく

犬を飼う事で色々な人との交流があります。

なので、人との交流は必然的になります。

・ブリーダーさん

・獣医師さん

・トリマーさん

・訓練士さん

・ご近所さん

・ペット仲間

他にも挙げればきりがないほど、犬を飼う事で色々な人と繋がりを持つことができます。

それらは全て新しい刺激となります。

⑦いつまでも子供

いつまでも子供

ロバ
ロバ
どんなところが子供だと思うんだい?

イヌアイロン
イヌアイロン
とにかく無邪気!

犬の精神年齢は約3歳と言われています。もちろん個体差はあるので、一概には言えません。

とはいえ、今まで飼った犬は遊び方や考え方が人間で言う3歳くらいでした。

人間の3歳って可愛い真っ盛りですよね。

無邪気で、愛想振りまいて、見ていておもしろい。そんな時期が犬はずっと続く感じです。

可愛いぃ〜。面白いぃ〜。

⑧生と死を学べる

生と死を学べる

犬を飼う事で、生と死、命の大切さを学べます。

犬は人間よりも寿命が短い。そのため、嫌でも愛犬の死と向き合わなくてはなりません。

愛犬が亡くなることはとても辛い事ですが、命をもって私達に命の大切さというものを教えてくれます。

「子供が小さい時に犬を飼うと良い」ということを聞いたことはありませんか?

子供が小さい時に仔犬を飼い始めると、子供が「死」というものが分かる年齢になって犬が亡くなる。そして子供に命というものを学ばせてくれるのです。

とはいえ、犬を飼うことはとても大変です。

とはいえ、犬を飼うことはとても大変です。

犬を飼うことはとても責任が必要となります。

保健所に飼い主が持ち込みで犬・猫が殺処分される数は1日で350頭。すごい数ですよね。信じられません。

きちんと覚悟を持って飼ってもらいたいものです。

犬を飼うことの大変さは別記事の記事にまとめました。お時間あるときに、見てみてください。

聞いた話

知り合いのブリーダーさんから聞いた話です。

おばあさんからジャックラッセルテリアを飼いたいと連絡があったそうです。

おばあさんは一人は寂しいので犬を飼いたいとのことでした。

ブリーダーさんは、「仔犬の世話は大変なこと」「もし今から飼い始めたら最後まで世話が出来ない可能性があること」などを挙げ何度も断っていました。

しかし、それでも泣きながらお願いされ「息子さんも面倒をみてくれる」ということだったので譲ることにしました。

ところが、予想通りそのおばあさんはブリーダーさんの元へ犬を返してきました。

理由は「大人しく抱かせてくれない」。

ジャックラッセルテリアがどのような犬種なのか説明したのに…

一度買われ戻された犬は「何か問題があるのではないか?」という不信感を抱かれてしまい、次の飼い主を見つけるのが難しくなってしまうそうです。

確かに詳しい事を知らなければ「そんなに問題児なんだ」を勘違いをしてしまいます。犬は何も悪くないのに。

結局そのジャックラッセルテリアはブリーダーさんの元で暮らすことになりました。

他にも「ズボンを噛む」「走り回る」という理由でブリーダーさんに返してきた人がいるそうです。犬を何だと思っているのでしょう…

こんな話は氷山の一角と思います。このような事があってはなりません。犬を飼う前に本当に責任が持てるかよく考えましょう。

というわけで今回は以上になります。

イヌアイロンはこれからもずっと犬と共に生きていくと思います。

何故ならば、イヌと暮らすことで人生が豊かになると信じているからです!

最後までご覧いただきありがとうございました!