イヌ

ジャックラッセルテリアにしつけが必須な理由

ジャックラッセルテリアに体型がそっくりで困ってます。

みなさんこんにちは、イヌアイロンです。

みなさんはジャックラッセルテリアを飼っていますか?

それとも、飼ってみたいと思っていますか?

『小型犬だからどうにかなるでしょう』と思ってはいけません。どうにもなりません。

人間社会で生活するには犬も最低限のマナーが不可欠です。

今飼っている人も、これから飼う人も、しっかりとしつけをしましょう。

そこで、イヌアイロンも苦戦したジャックラッセルのしつけの必要性についてお話したいと思います。

ジャックラッセルテリアにしつけが必須な理由

ジャックラッセルテリアにしつけが必須な理由

しつけの必要性

人間社会に属し共生している犬は、生活する上で最低限のしつけが必要になります。

お互いに心地のいい生活ができるよう、ある程度人間社会のルールを身につけてもらはなくてはなりません。

出来るだけ早く吸収の早い子犬のうちに基本的なルールを教えましょう。

我が家のジャックラッセルテリアが生後3ヶ月の時、しつけに困り果てしつけ教室に通おうと連絡したところ

イヌアイロン
イヌアイロン
しつけ教室に通いたいのですが

トレーナーロバ
トレーナーロバ
犬種は?

イヌアイロン
イヌアイロン
ジャックラッセルテリアです

トレーナーロバ
トレーナーロバ
ジャックラッセルかぁ…(汗)オス?メス?

イヌアイロン
イヌアイロン
オスです

トレーナーロバ
トレーナーロバ
オスかぁ…(汗)実際会ってみないとトレーニング出来るか分からないから連れてきてくれる?

後日トレーナーさんと我が家の小さな怪獣ジャックラッセルを会わせてみたところ、

トレーナーロバ
トレーナーロバ
ジャックラッセルテリアはトレーナーでない人にはオススメ出来ない犬種なんです。まぁ、この子は大丈夫でしょう

と言われました。

この時、『え…そんなに!?ジャックラッセルテリアはそんなに難しい犬種なのか…』と焦りました。

きちんとしつけをしなければなりませんが、ジャックラッセルテリアの性格的に大変な事もあるかもしれません。

そんなこんなで、ジャックラッセルに限らず、とにかく!しつけが早ければ早いほどいいです。

覚えも早いですし、間違った事を覚える前に教えておいた方がいいですし。

『もう成犬になってしまった(汗)』という人も、今からでも遅くありません。

頑張りましょう!

イヌアイロンも何度も挫けそうになりました(涙)

でも、きちんとしつけが出来ていないと、今後飼うことが難しくなってしまうかも知れません…

人間の身勝手で手放すことになって欲しくありません。

頑張ればいつか犬にも気持ちが伝わります。

しつけの方法

しつけの方法

叱る時は叱る、褒める時はしっかり褒める。メリハリが大切です!

イヌアイロンも初めは【叱らず褒めて伸ばす方法】を取りました。

褒めてしつける本を買い、その方法を色々試してみましたが…

撃沈でした(涙)ジャックラッセルにはあまり向かないのかも…?

家具を破壊し、おもちゃを破壊し、盗んでは走り回り、あっちこっちに粗相をして…

まぁ、これが子犬なんですが。

『でも、でも、どうやってしつけするの!?』と助けを求めたのが“しつけ教室”でした。

そこで教わったのが【叱る時は叱り、褒める時はしっかり褒める】と言う方法。

『なんだ、そんなの基本じゃん!』と思いますが、これが難しいんです。

やんちゃな子犬に“怒っている”こと、“褒めていること”が中々伝わらないんです。

イヌアイロンもしばらくは上手く伝えられず苦戦しました。

そこで、してはいけないのがダラダラと叱る事。

ダラダラ叱っても伝わりません。「ダメ!」や「こらっ!」などと簡潔に伝えましょう。

ポイントとなるのが、犬に失敗をさせない事!

してはいけない事をしそうになったら、してしまう前に「ダメ!」と伝えましょう。

イヌアイロンがよく使う合図が舌打ちです。

なんか嫌な感じがしますが、ダメだよの合図に「チチチチ」と小さく舌打ちをするのを繰り返していると、「あれ?ダメなのかな?」と失敗をする前に気がついてくれるようになります。

そして、きちんと出来た時はすぐに褒めましょう!

褒める時は恥ずかしいくらいオーバーに褒めてあげましょう。

褒める時に頭をワシャワシャしたくなりますが、ジャックラッセルはそう言うのが好きではない子もいるので、体を優しく触って褒めてあげましょう。

しつけが上手くいかない

しつけが上手くいかない

しつけは少しずつ繰り返しトレーニングする事が必要です。

でも、長い時間トレーニングを続けると犬の集中力もなくなってしまうので、短い時間で集中力を高めてあげましょう。

どうしてもしつけに上手くいかないと言う時はプロの手を借りると言うのも一つの手だと思います。

とっても勉強になりますよ。

また今度しつけ教室についてはお話ししたいと思います。

というわけで今回は以上になります。

イヌアイロンもしつけ頑張ります。

最後までご覧いただきありがとうございました!