イヌ

ジャックラッセルテリアの3種類の毛質を解説します。

ドッグランでスライディングをして大恥かきました。

みなさんこんにちは、イヌアイロンです。

ロバ
ロバ
ジャックラッセルって毛の長さによって種類が違うよね?

イヌアイロン
イヌアイロン
そうだよ!ジャックラッセルには3種類の毛質があるんだ。

実はジャックラッセルテリアには3つの毛質があります。

これって意外と知らない人も多いんです。

CMや映画で出ているジャックラッセルも毛の長さがまちまちですよね。おそらく、違う犬種と思っている人もいるかと思います。

この記事ではそんな疑問が解決できるように書きました。

ジャックラッセルは、毛の生え方で3通りの可愛さがあります。それではいってみましょう!

ジャックラッセルテリアの3種類の毛質を解説します。

ジャックラッセルテリアの3種類の毛質を解説します。

ジャックラッセルテリアには3種類の毛質があります。

・スムース

・ブロークン

・ラフ

例えるなら、柴犬が3種類の毛質があるなんてなんか考えれませよね。

ポケモンに例えるなら、イーブイですかね?

ロバ
ロバ
そもそもなんで毛質が3種類もあるんだい?

イヌアイロン
イヌアイロン
これから説明するよ!

なんで毛質はそんなに種類があるの?

なんで毛質はそんなに種類があるの?

ジャックラッセルはもともと、キツネを狩る狩猟犬として品種改良された犬種です。

そして、狩猟時でのさまざまな環境から身を守るために進化したと言われています。

毛は雨、風、雪、ケガから体を守る自然のコートなのです。

イヌアイロン
イヌアイロン
小枝や葉のトゲ、小石など狩猟時には様々なケガの要因があるからね!

子犬の時に判断できるの?

子犬の時に判断できるの?

残念ながら、子犬の時に正確に判断を行うことはできません…

なのでそれは、成長していくにつれてわかってきますので楽しみに待ちましょう!

その際、毛質なんてどうでもいいんじゃないでしょうか(笑)家族なんですから!

それでは、それぞれ解説していきます。

スムース

スムース

まず最初にスムースコートの紹介です。

スムースの特徴

スムースの特徴

・毛の長さ:短い(数mm〜10mm)

・対象部位:全体

特徴はなんといっても、全身の毛の長さが短いことです。

手触りは、スウェードのような感じです。とてもスベスベで触っていて気持ちいいです。

スムースの良いところ

スムースの良いところは主に3つあります。

・シャンプーがしやすい

・乾きやすい

・トリミングが要らない

スムースはシャンプーがとてもしやすく、乾きやすいのでシャンプードライの時間が短くて済みます。

夏場は一瞬で乾いちゃいますね。

また、トリミングやカットの必要がないため、節約出来ちゃいます。

少し良くないところ

・1年を通して抜け毛が多い

・毎日のブラッシングが必要。

・トリミングで遊べない。

スムースは毛が短いのが特徴ですが、抜け毛が多いです。

そのため、毎日しっかりとブラッシングをする必要があります。

また、スムースは毛が短いので、トリミングの際にカッコイイカットは出来ないので我慢しましょう。

スムースはそれ以上に可愛いので!

ブロークン

ブロークン

続いてはブロークンコートの紹介です。

ブロークンの特徴

ブロークンの特徴

・毛の長さ:短い毛と長い毛がある(数mm〜30mm)

・対象部位:短い毛は体のほぼ全体

      長い毛は口髭、眉毛(顔の周り)

ブロークンコートは短い毛と長い毛が両方ある種類です。

イヌアイロンも本当はブロークンを飼ってみたかったのですが、成長するにつれて「これラフだな」となりましたね。

ブロークンってなんか可愛くないですかね?毛の長さが違うのが本当に好きなのです。

ブロークンの良いところ

正直これは、スムースとラフの良いとこどりです!

まさに、ジャックラッセル〜!って感じの可愛さが最高です。

少し良くないところ

成犬になると毛の種類が変わることもあり、両親と異なる毛の種類になる場合があります。

そのため、

・毛に合わせてトリミングが必要になる。

・プラッキングが必要になる。

ラフ

ラフ

最後にラフコートの紹介です。

ラフの特徴

ラフの特徴

・毛の長さ:長い(25〜50mm)

・対象部位:全体

ラフは一番長い毛で、比較的毛は硬めです。

しっかりとブラッシングを行えば、気持ちい肌触りになります。

ラフの良いところ

・短くカットすればスムースのようにもできる

・毛が長いので可愛い。幼く見える。

スムースは毛が長いため、大体年に3〜4回はトリミングが必要となります。

ちなみに、イヌアイロンが飼っているジャックラッセルもこのラフの種類になります。

毛が長いため、毎回トリミングの際は切り方を変えていました。3回に1回はソフトモヒカンにしています。

また、毛が長いのでカットの仕方によっては顔が丸く見えるためとても幼く見えます。いつまでも子犬のようで非常に可愛いですよ。

少し良くないところ

・スリッカーブラシなどで毛の手入れをする必要がある

・スムースに比べシャンプーが少し手間がかかる

・定期的なトリミングが必要。

毛の長い犬種全てに言えることですが、シャンプーなどが大変なんですよね。

洗うのに時間が掛かりますし、乾かすのにも時間が掛かってしまします。

また、先ほど書いたようにトリミングは年に数回必要になります。

正直、スムースだったらその費用はないのにな…と思ったりもしますがトリミングの際には耳掃除や肛門絞りなどもやってもらえるので、トリミングに定期的に連れて行くことは必要だと思います。

まとめ

まとめ

それではこの記事のまとめです。

・ジャックラッセルは3種類の毛質がある

・それぞれの毛質には全て良いところがある

ジャックラッセルは、毛の生え方で3通りの可愛さがある犬種ですので非常に魅力的な犬種です!

毛質で選ばなくても、結局どの子も可愛いです!

3種類それぞれの手入れの方法も別の記事でまとめましたので、お時間ある時に見てみてください。

というわけで今回は以上になります。

毛質が思っていたものと違ったとしても、気にせずに愛情を込めて家族に迎えてください。

最後までご覧いただきありがとうございました!