コーデックス

【コーデックス】アデニアグロボーサとは。育て方も紹介します。

みなさんこんにちは、イヌアイロンです。

コーデックスは幹が太っているのが特徴の植物です。

そんなコーデックスの種類の1つ、アデニアグロボーサについてまとめましたのでご覧ください。

アデニアグロボーサは他のコーデックスとは違った魅力がたくさんあり、私もとても好きな植物の1つです。

育成難易度はちょっぴり高めですが、安心してください。大丈夫。

「パキポディウムでも、物足りない。」と言う方には是非手にして育てて欲しいです!

この記事をみてわかること

・アデニアグロボーサの概要がわかります

・アデニアグロボーサの育て方がわかります

さっそくいってみましょう!

アデニアグロボーサとは。育て方も紹介します。

アデニアグロボーサとは。育て方も紹介します。

まずはアデニアグロボーサの基本情報を解説しますね。

アデニアグロボーサの基本情報

アデニアグロボーサの基本情報

 分類 トケイソウ科アデニア属

原産地 アフリカ大陸(ケニア、ソマリア南部、タンザニア)

成長期 夏

自生地は主にアフリカ大陸となります。

アフリカ大陸にも面白くカッコイイ植物がたくさんあるんですねぇ。

アデニアグロボーサの魅力を紹介!

アデニアグロボーサの魅力!

アデニアグロボーサの魅力はなんといってもこの3つです!

・その①:樹肌が緑色!

・その②:樹肌がブツブツ!

・その③:枝が盛大に伸びる!

それぞれ解説していきますね。

その①:樹肌が緑色!

樹肌が緑色の植物ってなかなかありませんよね。

葉っぱは緑なのはわかりますが、樹肌が緑色って正直なかなかない。

その②:樹肌がブツブツ!

このブツブツもかっこいい。

本当にこの地球上の植物なのか?と思うほどな感じです。

スタートレックやスターウォーズの惑星に生えてそうなイメージww

その③:枝が盛大に伸びる

アデニアグロボーサの魅力は塊根部だけではありません。

枝が厳ついのです!

「あ、枝が生えそうだな!」→「え、もうこんなに伸びたのか!?」

みたいにとても生長期は凄まじく枝が伸びていきます。見るたびに伸びてくれているので、見ていて本当に楽しいです。

アデニアグロボーサの育て方

アデニアグロボーサの育て方

アデニアグロボーサを育てるうえでポイントがあります。

水やり

用土が完全に乾く → 鉢から水が出るまでたっぷり水やり

の繰り返しでOK!

株の水分がなくなると凹んでいきますので、毎日観察して水やりのタイミングを掴んでいくのがベストです。

また、冬のグローボーサの水やりは断水気味にしましょう。

置き場

アデニアグロボーサの置き場は気を付けることがあります。

株本体を直射日光に当てないようにしましょう。

直射日光を当ててしまうと、日焼けしています。

日焼けをしてしまうと、緑色の樹肌が少し茶色くなってしまいます。

アデニアグロボーサの樹肌の色は黒色に近いため光を吸収してしまうのです。

イヌアイロン
イヌアイロン
黒に近いから日光を吸収しやすい→日焼けしやすい。

実際には枝でも光合成を行います。

冬越しについて

アデニアグロボーサは寒さに対しては耐寒性がない

そのため、10℃を下回り出したら室内に移動して管理していきましょう。

風通しの良いところで管理しましょう

風邪通しの良いところにおくようにしましょう。

風通しの大切さは別の記事でまとめましたので、お時間ありましたら見てみてください。

挿し木もあるよ!

挿し木もあるよ!

アデニアグロボーサは挿し木もできます。

枝は毎年盛大に長〜く生えますので、管理するにはどのみち剪定が必要となるので挿し木もあり。

現地球のように塊根部は太くならないとありますが、徐々に太くはなりますので、それはそれで楽しいと思います。

というわけで今回は以上になります。

最後までご覧いただきありがとうございました!