ビカクシダ

【種類も豊富】ビカクシダの育て方とは【水やりや冬越しについて解説】

みなさんこんにちは、イヌアイロンです。

ロバ
ロバ
ビカクシダってどうやって育てるんだい?

イヌアイロン
イヌアイロン
基本的には他の植物と変わらないよ!

この記事は、ビカクシダについてよくわからないという方に向けて書いています。

おしゃれな雑貨屋やインテリア屋に壁に垂れ下がっている植物をみたことがありませんか?あるとすれば、おそらくビカクシダと思います。

ビカクシダって一般的な植物と比べると見た目から特殊なものとしてみられがちですが、結論からいうと他の植物と同じような育て方で問題ありません。

種類によっては、とてもデリケートなものもありますがお店で購入することができるものは育てやすい品種が多いです。

ですのであまり気を張らずに育てることができるのでご安心を。

ビカクシダの育て方のコツを先にいってしまうと、

水ごけが乾いたらしっかりと水やりをする

簡単!

かと言って、乾ききるのが怖いので毎日水やり。は絶対にNG

そうしてしまうと、根腐れを引き起こしてしまします!

この記事をみてわかること

・ビカクシダの概要がわかります

・ビカクシダの育て方がわかります

・育てるうえでのコツがわかります

さっそくいってみましょう!

僕
どもども管理人の僕です。Twitterもやってます。

ビカクシダの育て方とは【水やりや冬越しについて解説】

ビカクシダの育て方とは【水やりや冬越しについて解説】

まずは、ビカクシダの基本情報について解説していきますね。

ビカクシダの基本情報

ビカクシダの基本情報

分類:プラケティリウム属

原産地:オセアニア、南米、東南アジア、アフリカ

育成期:夏

ビカクシダは樹木の幹や岩に着生している着生植物。

上の原生地マップを見てもわかりますが、熱帯地方がメインの植物ですね。

ビカクシダの種類はたくさん

ビカクシダの原種は全部で18種類

・ヴィーチー

・ビフルカツム

・スーパーバム

・ヒリー

・アンディヌム

・ワンダエ

・リドレイ

・ウィリンキー

・コロナリウム

・ホルタミー

・ワリチー

・グランデ

・アンゴレンセ

・ステマリア

・アルキコルネ

・マダガスカリエンセ

・エリシー

・クアドリディコトマム

私は全てコンプリート出来るようにがんばってます(もちろん金銭的に)。

18種類だとなんだか頑張れば集めれそうですよね。1つずつ集めていくのも楽しいです!

また下記でも紹介していますが、2種類の胞子を混ぜると、両方の性質を持つ交雑種が出来ます。

それもまた良しですね。

ビカクシダと言う名前の由来はシカ

ビカクシダと言う名前の由来

ビカクシダと言う名前の由来は日本名で、”美角羊歯” と書きます。

その名の通り鹿のツノに似ている事が由来。

確かに似ていますよね…

しかし、18種類全て鹿のツノに似ているわけではありませんので注意が必要です。

また、別名でコウモリランとも呼ばれますがどちらも正解ですね!

象っぽい植物もあるよ

象っぽい植物もあるよ

ビカクシダと言っても全ての胞子葉が鹿の角のような形状をしているわけではありません。

アンゴレンセと言う種類がありますが、その別名はエレファントスと言います。エレファントとは象。

そうなんです、アンゴレンセの胞子葉は象の耳のようにたくましいのである。

ビカクシダの葉は2種類ある

ビカクシダの葉は2種類ある

魅力を説明する前にビカクシダの構成から説明します。

ビカクシダの特徴は2種類の葉があること。

・その①:貯水葉

・その②:胞子葉

それぞれ解説していきますね。

その①:貯水葉

ビカクシダは樹木に着生する植物。

そこで貯水葉は着生元の落ち葉や虫などを拾う役目をしています。合理的な設計だ。

そこから養分を吸収するわけですね。考えらていますよね。

貯水葉は広がりきると、徐々に茶色に変色して枯れていきます。

その枯れた貯水葉もまた養分となるわけです。

その②:胞子葉

胞子葉とは

胞子葉はその名の通り、胞子の生産を行う葉。

上の写真の茶色になっている箇所が胞子がついているところです。

成熟したビカクシダはこの胞子葉の裏にたくさんの胞子をつけます。

胞子がついたら一人前のビカクシダ。

ビカクシダの魅力とは

ビカクシダの魅力とは

ビカクシダの魅力は何と言ってもこの独特なフォルム。

貯水葉がかっこいい

貯水葉がかっこいい

イヌアイロン
イヌアイロン
幾何学的な模様がいいね!

貯水葉はやっぱりこの葉脈がいい!

この記事のトップ画像のリドレーも貯水葉の葉脈が魅力的な種類の1つ。

ちなみに、貯水葉がとして有名なのが、マダガスカルに自生しているマダガスカリエンセです。

マダガスカリエンセは特徴的な凸凹の貯水葉が人気となっていますが、同時に育成難易度が高めww

乾燥を絶対にさせないように育てていく必要があります。

上の写真はマダガスカリエンセとアンゴレンセの混合種のエラワンという種類。これもこれでいいよね。うん。

胞子葉がかっこいい

胞子葉がかっこいい

立派な胞子葉!

先ほど書きましたが、アンゴレンセも胞子葉が特徴的な種類です。象の耳のようですよね。

葉先がどんどん分岐する種類もあり、胞子葉だけでもかなり楽しめます。

また、ビカクシダは肥料に対して、かなり反応が良い植物になります。なので種類によってはどんどん巨大化していきます

ビカクシダの育て方!

ビカクシダの育て方!

ビカクシダの育て方は、ビカクシダの自生地でのイメージをすればおおよそ分かります。

置き場所について

・明るい日陰

・風通しの良い場所

ビカクシダは木に着生する植物ですので、夏は着生している木の葉や枝などで太陽からの直射日光を避けています。

イヌアイロン
イヌアイロン
だから、木漏れ日の光をイメージしよう!

室内のレース越しに置くのも良いです。

しかしそれだと風通しが悪いため、直射日光に当たらないように工夫して成長期は室外で置いた方が良いと思っています!

また、木に着生していますので風がガンガン当たりますよね。

そのイメージで置き場をチョイスしましょう!

ざっくりですが、自生しているイメージは下記の画像のようになります。

夏

夏は木々の葉が生い茂っています。そのため、直射日光には常にさらされないイメージ。

冬

夏とは反対に、冬は着生元の木の葉が全て落ちます。

直射日光に当てても問題ない種類は?

直射日光に当てても問題ない種類は

直射日光に当てても問題ないとされるのは、リドレーやビーチと言われています。

自生地では木陰などに着生せず、主にリドレーであれば枝、ビーチであれば岩などに着生しています。

フォックス
フォックス
岩にも着生するんかい。

そのため、日光を遮るものがないため直射日光が当たるようになっています。

ショップなどで購入したリドレーなどをいきなり、直射日光の当たるところに置くのは日焼けの原因になりますので、徐々に直射日光に慣らしていきましょう。

風通しについて

風通しの必要性は別記事でまとめていますので、お時間があれば合わせて読んでみてください。

ビカクシダも風通しが良いところに置くことが非常に重要になります。

風通しが悪いと、ビカクシダに対していい意味でストレスを与えることができないため、形の良いビカクシダにはなりませんので!

水遣りについて

水遣りは?

ビカクシダの育て方で一番重要なのが、この水やりですね。

水やりのポイントはたった2つです!

・その①:水ごけが乾いたら水やり

・その②:水ごけの下側を見て乾き具合を判断

1つずつ説明していきますね。

水ごけが乾いたら水やり

水苔の乾燥状態を確認

上の写真は水ごけが乾いた時の写真です。このように乾いてきたら水やりを行います。

けどこれが最初はなかなか難しいww

「乾いたか?いや、湿ってるな?う…どっちだ?」

こんな感じで最初は戸惑いますww

他の多肉植物の水やりも同様ですが、土が乾いたら水をおもいっきりあげますよね。

その土が水ごけに変わっただけですので、難しく考える必要はないと思います!

感覚を掴むまでは毎日ビカクシダを観察して、水の吸収のスピードなどを見ていきましょう。

水やりをした場合

水やりをした場合はこんな感じです。水ごけがグチョグチョ。

しかし、冒頭でも言いました通り、乾ききるのが怖いので毎日水やりは絶対にNG

そうしてしまうと、根腐れを引き起こしてしまします!

水ごけの下側を見て乾き具合を判断

板付けの場合だと、水ごけをみる箇所は下側になります。

理由はいたってシンプルで、重力で水が上から下に流れるため。

なので上側は比較的に早く乾きますが、ビカクシダの中央はまだグチョグチョの可能性がありますので下側を見て判断するようにしましょう!

反対に鉢植えの場合は、鉢底を見て確認しましょう!

【参考】水やりの頻度は?

正確には温度によって水やりの回数を分ける必要がありますが目安は以下です。

・春、秋:3日に1回

・夏:水ごけが乾くようでしたら毎日でもOKです。

・冬:週に1回

あくまで目安なので、水ごけの乾き具合をよく確認しながら行いましょう。

冬越しについて

冬越しについて

ビカクシダは最低温度12℃をきらないようにして、室内に移動していきましょう。

私は12℃近くになるとビカクシダの調子が少し悪く感じるので、15℃付近で室内に入れたりしています。

「あっ、寒くなってきたな」と感じたらビカクシダを室内に入れちゃいましょう!

無理は禁物。

種類によっては耐寒性が強いのもあるよ

全てのビカクシダが寒さにというわけではありません。

最低気温が5℃以上でもOKなものは以下。

・ビフルカツム

・ヴィーチー

・スーパーバム

・ヒリー

これらの主な自生地はオセアニアになります。

とはいえ、無理はせず寒くなったら室内管理に移行するのが良いと思います!

ビカクシダの貯水葉が茶色くなるけど腐っているの?

結論から言うと、問題ありません。

ビカクシダの貯水葉は広がりきると徐々に茶色に変色していきます。

そこで焦って茶色くなった貯水葉を剥がさないようにしてください。

枯れた貯水葉も養分として本体に吸収されていきますのでご安心ください。よくできていますよね。

板付けの方法を解説!

板付けの方法を解説!

そもそもビカクシダの板付けとはビカクシダの植え替えのことを言います。

水ごけは定期的に変える必要がありますし、板そのものも腐っていく時があるため板付けが必要になります。

他の植物と目的は同じ。

定期的に板付けを行うことで、ビカクシダの成長を促すことができます。

板付けのメリット

鉢植えのビカクシダを板付けする事で主に2つメリットがあります。

・通気性が良くなる → 引き締まった良い形状になる

・水はけが良くなる → 根腐れのリスクが下がる

自生地でも木などに着生しているので、そのことを踏まえても板付けして壁に対して垂直に掛けてるのが一番良いと思います。

詳細は別の記事で解説していますので、参考にしてみてください!

まとめ

・直射日光は避けた場所に置きましょう

・風通しの良い場所に置きましょう

・水ごけが乾いたらたっぷりと水をやりましょう。

普段接することが多い、土から水ごけに変わっただけですのであまり難しく考えないようにすることが良いと思います!

というわけで今回は以上になります。

コツさえつかめで簡単ですので、ぜひトライしてみてください。

最後までご覧いただきありがとうございました!