Netflix

【まだ観てないの?】プラネテスの名言が心にしみて泣ける【感想】

生きてるうちに、宇宙に行けますかね?

みなさんこんにちは、イヌアイロンです。

ロバ
ロバ
アニメのプラネテスって面白いのかい?

イヌアイロン
イヌアイロン
冗談抜きで、本当にオススメ!宇宙を舞台にしたアニメでは間違いなく一番だよ!

この記事では、アニメ プラネテスの感想についてまとめた記事となります。

まず最初にイヌアイロン的採点は以下です。

イヌアイロン的採点:4.8

もう限りなく、5.0点に近いですが、他にまだ見ぬ名作があることを信じて4.8点としました。

簡単にまとめるとプラネテスは、間違いなく名作ですね。

まず最初に「プラネテスの製作に関わった全ての人、ありがとう!」と言わせてください。

このような最高なアニメを世に出していただきありがとうございました。この場をお借りしてお礼申し上げます。(ちなみにこの記事を執筆しているのは2020年です。)

私イヌアイロンはアニメ プラネテスはもう5回以上は観ています。

そして最近ネットフリックスに登録したので、プラネテスを発見したので再び全話観て観ましたが、「やっぱりいいな!」と思ったので、今回記事にまとめることにしました。

ネタバレありですので、まだ観てない方は注意してくださいね(笑)

【まだ観てないの?】プラネテスの名言が心にしみて泣ける【感想】

【まだ観てないの?】プラネテスの名言が心にしみて泣ける【感想】

まずはプラネテスとはどういった作品なのかといった概要を解説します。

プラネテスの概要

あまり顧みられることのない、宇宙開発によって生まれたスペースデブリ(宇宙ごみ)問題を取り上げ、その回収業者が主役のSF漫画である。2002年度星雲賞コミック部門および、テレビアニメ化された作品が2005年度星雲賞メディア部門を受賞。同賞の原作・アニメのダブル受賞は『風の谷のナウシカ』以来であり、更には連載中の作品については本作が初である。

Wikipedia引用

デブリとは切り離されたロケットの残骸であったり、今は機能していない古い人工衛星などの宇宙ごみのことを言います。

そんな宇宙ごみを片付けることが主な業務のデブリ課は、テクノーラ社の中では底辺的な扱いをされている課で、オフィスの場所はとても綺麗とはほど遠い場所にあります。

物語は主に、主人公ハチマキを中心に繰り広げられますが、デブリ課の一人一人にスポットを当たっているので、観ていて非常に飽きません。

みんな色々なものを背負って、悩み、そして苦しんでるのかといつも思っています。たとえそれが宇宙でも。

また、アニメは2003年に放送されましたが、原作の漫画は1999年に連載されています。

2000年初頭にここまで先を見据えた、宇宙の暮らしや生き方を描いている作品とは本当に毎回驚かされます。

プラネテスの良いところを紹介

プラネテスの良いところ

プラネテスは全体を通して、センスしかありません。

いいところはたくさんありますが、主に3つあります。

・その①:ストーリーが最高!

・その②:キャラクターが最高!

・その③:音楽が最高!

それぞれ解説します。

その①:ストーリーが最高!

物語の構成をザックリと分けるとこんな感じです。

・序盤:人間ドラマ

・中盤:人間ドラマ & 木星探査

・終盤:人間ドラマ & 木星探査 & テロ

最初は観ていて、人間ドラマがメインのアニメなんだな〜と思いながら観ていました。

特に小学生のときに観ていた時は「宇宙すげ〜。ロマンじゃん」という感じで純粋にただただ観ていました。

しかし、大人になり再び観たときに、「あれ?こんな壮大なストーリーだったけ?」と、年齢が立つにつれ色々な視点でみることができます。

また、社会人になって観ると、「デブリ課って今の職場と同じじゃん!?」と思わされましたね(笑)

プラネテスを観た方も、職場がデブリ課のような感じでは?と共感した人も多いのではないでしょうか。

それくらいデブリ課はリアルに感じることができるので、宇宙が舞台ですが容易に感情移入ができてしまいます。

その②:キャラクターが最高!

プラネテスには色んな人種や、性格のキャラクターが登場します。

・家族を養うために働くもの

・夢を叶えるために働くもの

・愛を叫ぶために働くもの

・昇格のために働くもの

あくまでアニメの話ですが、結局は宇宙に行ったとしても、人間の本質は変わらないんだな〜と感じました。

けど本当にそう思うんですよね。

たとえ月に行こうが、火星に行こうが、人間の本質はどこに行ったて変わらないと思います。

その③:音楽が最高!

まずプラネテスのオープニングで心を動かされます。

なんか、壮大な宇宙をコンセプトにして作曲されたのかはわかりませんが、聞いていてとても宇宙を感じるんですよね。毎回。

また、オープニングだけではなく、エンディングを歌っているのも同じ酒井ミキオさんという方なんだそうです。

・オープニングテーマ:「Dive in the Sky」
作詞・作曲 酒井ミキオ
歌 酒井ミキオ 

・エンディングテーマ:「Wonderful Life」
作詞・作曲 酒井ミキオ
歌 酒井ミキオ 

「いや、酒井ミキオさん全部やってるじゃん!」と言わんばかりの才能。

あと、酒井ミキオさんの歌の他にも、作中では神秘的な音楽がBGMなどとても宇宙をテーマにした曲が流れます。

音のタイミングや、選曲のセンスも本当にあると毎回観て思います。

プラネテスの悪かったところを紹介

プラネテスの悪かったところ

序盤でのタナベが少しうざい(笑)

これはしかたありませんね。

なぜなら「終盤のタナベ」と「序盤のタナベ」の振り幅を演出するためには必要なのです。

序盤のタナベは何かと「愛が○○」を連発していて、正直疲れます。

「何言ってんの〜?」なんて初めは思っていましたが、プラネテスのいいところは一貫して「愛こそが全てなんだ!」としているところです。

悲しいことに愛があるからこそ、人は争ってしまうのですが、愛は人間には必要だと思います。

プラネテスのテーマは愛なのです!

(ちなみに北斗の拳も愛がテーマですよ。)

悪いところは以上です。

細かいツッコミどころはありますが、全体を通してみると思いつきません。

宇宙兄弟との違いとは

宇宙兄弟との違い

宇宙を舞台にした漫画やアニメはたくさんありますが、今回は同じ人間ドラマとしてみたときに素晴らしい宇宙兄弟と比較してみます。

プラネテスの宇宙飛行士は今でいうサラリーマン的な存在。

同じ宇宙飛行士といっても、存在価値が全く異なります。

・宇宙兄弟:ヒーロー

・プラネテス:サラリーマン

作品の舞台が異なるため、それぞれの作品で宇宙飛行士に対しての名誉の価値が違います。

・宇宙兄弟:2020年代

・プラネテス:2070年代

もちろんプラネテスの宇宙飛行士=船外作業員としては、地球にいる人からすると、すごい分類なのは間違いないかと思います。

けど、宇宙で仕事をするのが当たり前の時代。それがプラネテスの時代となっています。

そのほかにも、ストーリーのテーマも異なります。

・宇宙兄弟:宇宙飛行士がテーマ

・プラネテス:宇宙開発がテーマ

宇宙開発がテーマなので、プラネテスはどちらかというと大人向けなテーマですね。

なので大人になってから観てみると、本当に色々考えさせられます。

「宇宙開発の恩恵を受けるのは、先進国だけだ!」と、プラネテスではテロが何度も起きます。

そんな宇宙開発をテーマにした地球全体の抗争も観ることができるので、なんだか近い将来本当にこうなるのかな〜と思ったりしています。

また2つの作品の共通点としては、熱い人間ドラマです!

まだ宇宙兄弟を観ていない人はオススメなので是非観てみてください。プラネテスが好きなのであれば、きっと気に入るはずです。

プラネテスの名言を紹介!

プラネテスの名言を紹介!

何度もしつこいようですが、プラネテスは本当に最高な作品です。

なので名言がとてもたくさんありますので、いくつかピックアップして紹介してみます。

クソッタレな今日を生きていけるのは、明日に期待するからだろ! by ハチマキ

この世に宇宙の一部じゃないものなんてないのか。オレですらつながっていてそれではじめて宇宙なのか… by ハチマキ

暖かいところに引きこもっていても、なんの解決にもなりゃしないんだ! by フィー

私イヌアイロンは、このフィの言葉でリアルに何度も助けられました。

仕事でくじけた時、朝出社するのが嫌になった時はこのフィの言葉を思い出して頑張ることができました。本当です(笑)

これからも、このプラネテスの名言を思い出し、そしてまた聞いて辛い時も乗り越えようかと思います!

まとめ

・プラネテスは宇宙を舞台にしたアニメで一番!

・プラネテスの名言で支えられる。

本当に、生きてるうちにこの作品に出会えたことはとても幸運だと思います。

それくらいこの作品は素晴らしく、また感動させられます。

人生で辛いときに何度も観たこの作品をぜひ色んな方にも知ってもらいたい、感想を共感してもらいたいと思いこの記事を書きました。

大人になってから観る頻度が多くなる本作プラネテス。

次に観るときも感動し、また新しいことに気づかされると思います。

そして辛いときには、この作品を観てエネルギーをもらいたいなと思いました。

・イヌアイロン的採点:4.8

というわけで今回は以上になります。

アニメ プラネテスはネットフリックスでも観ることができますよ。

最後までご覧いただきありがとうございました!

GOOD LUCK!