ブログ運営

【納得】ブログはGRIT(やり抜く力)で書き続けることが大事

みなさんこんにちは、イヌアイロンです。

この前、GRITという本を読んで「成功するには何が大切なのか」を少しわかったので記事にまとめてみることにしまいた。

結論から言うと “やり抜く力” こそが成功への秘訣。

ブログ運営はまさしくこのやり抜く力がとても大切ですよね。

本作ではやり抜く力を主に2つに分解して解説しています。

・情熱

・粘り強さ

この2つがあれば何事にも継続は力なり。となり成功への確率が高くなります。

簡単に言えば、人生の長いマラソンでどこまでがんばれるかは、体格や基礎体力のちがいによるものではなく、圧倒的に「努力」にかかっているということ

それではいってみましょう!

created by Rinker
¥1,426 (2020/11/30 12:51:25時点 Amazon調べ-詳細)

ブログはGRIT(やり抜く力)でひたすら書き続ける【情熱と粘り強さ】

ブログ運営にはこのGRITが超当てはまることがわかりましたので、僕なりの考えを書いていきたいと思います。

GRITとは

本書によればGRITやり抜く力には2つの要素からできていることが書かれています。

・その①:情熱

・その②:粘り強さ

やり抜く力とは、情熱と粘り強さからなる。

また作中では、長い目で見れば才能よりも重要なのは、グリット(やり抜く力)と記されています。

ブログでも才能はある人はすぐに結果が出ます。twitterとかで「半年で月収○○万円達成!」とか言っている人たちですね。

(言わなくてもいいのになんで言うのだろうあの人たちは。)

情熱

ブログが儲かるとわかってからやってみる、YouTubeが儲かると知ったからやってみる。

この動機だと続かない人が多いし結果稼げない。

なぜならそこまで情熱がないからですね…

情熱があれば続けることができます。

すでに結果を出している人は、イヤイヤやっているのではなく、泣きながらやっているわけでもない。

情熱がある、つまり自分が楽しいと思えるから続けられているんですよね。

僕も一時期YouTubeを頑張っていたけど、半年も続かずに挫折した過去がある。

限りある自分のリソースをブログかYouTubeのどちらかをやらなければならないですし。

まぁ、そもそも自分はYouTubeに情熱がそこまでなかった

ことが原因なのではないかと思っています。やっぱり稼げるってわかっているからやりはじめたもんな…

粘り強さ

結果が出なくても続ける。

それこそが粘り強さ。

「今日、必死にやる」より「明日、またトライする」

GRIT(やり抜く力)より引用

とにかくやめない。続ける。これが大切だと本書にはあります。

ブログを100記事書ききる人は数%と言われていて、実際にやってみてわかったことは、「ブログは好きじゃないと書き続けることは難しいな」と言うことです。

あと僕のモチベーションとしては、

結果が目に見えて良くなっていること

も重要なのではないかと考えています。

ここで言う結果とは報酬。つまりお金です。

イヌアイロン
イヌアイロン
チャリーン!

正直なところ私も100記事書き終わった時点で1円も得ていなかったら、いくら情熱や粘り強さがあっても続いていなかった…

少しずつPVも増え、報酬も増える。

そしてまた次の日も淡々と書き続けることができる。と僕はそんなふうに感じています。

やっぱり素振りしてるんだからたまには、ヒットを打ちたいよね。

とはいえ損切りも必要だということ

とはいえ損切りも必要だということ

作中ではアメリカの特殊部隊グリーンベレーの話が出てきます。

そういえば、特殊部隊グリーンベレーのモットーのひとつは、「機転、対応、克服」だ。しかし、私たちは子どものころにこう言われて育つ。 「最初からうまくできなくても、何度も挑戦しなさい」 適切なアドバイスに聞こえるが、グリーンベレーではこう言っている。 「何度やってもだめだったら、ほかのやり方を試すこと」

GRIT(やり抜く力)より引用

グリーンベレーも機転をきかして損切りして他の方法をさがることが重要なんだそう。

ちなみに僕は複数の事業を同時に推進しているから、限られた人的リソースをどこに注力すべきか。そしてタイミングは適切か。

などを毎日考えながら行動しています。

Aは今やるべきじゃないから、今はBを集中しよう。と何がベストかを考えながら常に行動しています。

なので上述しましたが、YouTubeをこのまま続けるよりもブログに “今は” 集中した方がいいと判断してYouTubeを損切りしました。

イヌアイロン
イヌアイロン
いずれまたはじめちゃうと思う。

とはいえ、とはいえ

いろんなことにチャレンジして失敗して損切りしたとしても、長期的にみたらそれは失敗ではないと思う。

だから後悔なんてせずに前に進むだけ。

スティーブ・ジョブズの名言でもあるよね…

コネクティングドッツ。

スティーブ・ジョブズ

点がたくさんあると、いつかは線となりつながる。

なのでチャレンジ(行動)して失敗して、情熱を持ってこのまま続けられそうであれば粘り強さを発揮してやり抜く。

この繰り返しが重要なんじゃないのかなと思います。

まとめ

・やり抜く力とは情熱と粘り強さ

・長期的にみると才能よりもやり抜く力の方が重要

・とはいえ、損切りも時には必要

このGRITはとても長くて色々と書いてあったんだけど、超要約するとやり抜く力とは、

情熱と粘り強さ。この2つが大切。

ということだけ覚えてもらえればOK!

僕もとりあえずは目標にしている200記事目指して頑張ります。(このペースだといつになるやらww)

というわけで今回は以上になります。

最後までご覧いただきありがとうございました!

created by Rinker
¥1,426 (2020/11/30 12:51:25時点 Amazon調べ-詳細)