アガベ

地植えが可能なアガベの品種や用土を解説【クールな庭を作ろう】

みなさんこんにちは、イヌアイロンです。

ロバ
ロバ
アガベの地植えについて色々教えてくれないかい?

イヌアイロン
イヌアイロン
どんな種類でも地植えできるわけではないから注意して!

アガベが好きな人は地植えに対して憧れや興味が少なからずあると思います。

かくいう私がそうでした。

だって普通にカッコよくないですか?でっかいアガベ。

アガベには2つの育て方があると思っているんです。

・その①:コンパクトに締めて育てて楽しむ

・その②:大きくワイルドに育てて楽しむ

んで私は、大きくワイルドに育てたい方なんです。

そういった方も少なくはないはず。

そして最近引っ越したので念願である、アガベの地植えにチャレンジしてみることにしました。

「やったゼェ!」

そこで地植えについて自分の考え、知識を整理する目的で記事にまとめてみることにしました。

とはいえ、地植えのノウハウはまだまだないので、実際にわかったことを随時追記していきたいと思っていますので最後まで見てもらえたら嬉しいです。

この記事をみてわかること

・地植えのメリットがわかります

・耐寒性がある品種がわかります

・地植えの際の用土がわかります

さっそくいってみましょう!

僕
どもども管理人の僕です。Twitterもやってます。

地植えが可能なアガベの品種や用土を解説【クールな庭を作ろう】

地植えが可能なアガベの品種や用土を解説【クールな庭を作ろう】

ではまず、アガベの地植えについてのメリットとデメリットから解説していきますね。

地植えのメリット

メリットは主に2つ。

・その①:どんどん大きくなりワイルドに育つ!

・その②:庭がカッコよくなる!

それぞれ解説していきますね。

その①:どんどん大きくなりワイルドに育つ!

地植えの1番のメリットはなんといってもワイルドに育つということです。

鉢植えで育てているスピードをはるかに凌駕する成長速度。

ではなぜどんどん大きくなるのか。

それは、根を張れる土の量が鉢と地植えでは違うからです。

当たり前ですが鉢で育てると根を張るのにも限界があり、結果として根から養分を吸収することができないため成長が止まります。

そしてこうなる。

ザ・根鉢。

ザ・根鉢。

アガベの植え替えをしたことがある人は何度も見たことがあるかと思います。

それに対して地植えでは、グングンと八の字のように効率よく根が用土に行き渡り、結果鉢と比べて大きくなります。

早く大きく育てれるのが地植えの大きなメリットとなります。

その②:庭がカッコよくなる!

アガベを庭に地植えすることでとてもカッコよくなり、他の家の庭との差別化をはかれます。

「俺んちにゃ、でっけ〜アガベがあるんじゃよ。」と同僚に自慢できる。

さらにゾンビが襲撃してきてもアガベが防御壁となり、家への侵入を防ぐことができるのです。

「ヴァ〜。イダァイ〜。。。」とゾンビも雄叫びをあげることでしょう。

また、思い返すとアガベを地植えしている家は今まで見たことがないんですよね。

なので、庭に植えてあるだけでむちゃくちゃ他と差別化できてカッコイイ庭になることは間違いありませんね。

地植えの注意点

地植えの注意点

地植えの注意点は2つあると考えています。

・その①:耐寒性がある品種でないと冬越しできない

・その②:水はけのいい用土でないといけない

まずは耐寒性のある品種について紹介していきます!

その①:耐寒性があるアガベの品種とは

まずはじめに、ここでいう耐寒性とは氷点下でも冬越しできることをいっています。

種類によっては-17℃でも冬越しが可能なものもあります。

アガベの数百種類の品種があり、その中でも耐寒性に強い種類はたくさんあります。

なのでこの記事では全てを書くことはできませんので、耐寒性があると言われている品種をいくつかピックアップしてみました。

・アガベ・パリー

・アガベ・アメリカーナ

・アガベ・オバティホリア

・アガベ・モンタナ

・アガベ・パラサナ

・アガベ・シルバーサーファー

よく見る地植えされている品種はこんな感じかと思われます。

パリーとかはよく地植えされているイメージが強い。カッコいいもんね。

んで、わたしが今回地植えしたのは上記品種から3つ。

・アガベ・アメリカーナ

・アガベ・オバティホリア

・アガベ・モンタナ

とりあえず大きくしたい。

アメリカーナはゴジラくらいの大きさにしてやろうと思っています。

その②:アガベの地植えの用土

地植えに限らず鉢植えでも用土は”これでなければならない”というのは決まっていません。

しかしなんでもいいというわけではなく、アガベに適した用土は通気性、保水性、保肥力、排水性があるということです。

用土については、別の記事にまとめていますので参考にしてみてください。

用土で重要なポイントは1つ。

使用している用土の特性を知ること!

使用している用土はどれくらいの速さで乾くのか、水はけがいいのかなどなど、育てていくにつれわかってくると思いますので、用土の特徴をみてみましょう。

一言でいうと、毎日アガベの様子をみることが大切というわけですね。

ちなみに私はどうしたかというと、庭の土はバリバリの関東ローム層の粘土質の赤土。カッチカチなんっすよ…

庭の土はバリバリの関東ローム層の粘土質の赤土

なので、鉢植えで使っている用土をせっせと自家製花壇に入れていきました。

いつものように微塵を取り除いた用土なので、問題はないはず。

地植えに慣れてきたら、いろんな用土で実験してみたいと思います!

余裕が出てきたら、このバチバチの関東ローム層の粘土質の赤土で育てることができるのかも実験してみます。

仮説ですが、保水性はあるので普通に育てることはできるかと思います。(今回は初めてなのでビビってやめましたww)

地植えの管理方法

地植えの管理方法

地植えの管理方法としては、特に鉢植えの管理方法と変わりはありません。

あるとしても水やりのタイミングくらいでしょうか。

サクッと解説していきますね。

地植えするタイミング

地植えするタイミングはズバリ、

3月後半〜6月後半まで。

これは地植えがどうとかではなく、夏型のアガベにとって気温が徐々に上がってきた成長期前に行うことがベストだからですね。

水やり

基本的に水やりは、そこまで気を遣う必要がないかと思います。

なぜなら地植えは雨が降るから。

なので、基本的に雨が何週間も降っておらず、用土がカラカラの場合はたっぷりとあげるのがベストだと思います。

まだ小さなアガベであれば簡易的な屋根などで雨を防ぐことができますが、立派な地植えサイズになってしまうとどうしようもありませんね。

なので、地植えでは梅雨や台風の時期などは祈ることしかできませんね。

とはいえ、そんなすぐに腐るわけではないのであまり心配はしないようにしましょう!

地植えの成長記録

ここからは私が実際に地植えしたアガベの成長記録を載せていきたいと思いまっす!

途中で枯れた場合はその原因を考察し、それもまた追記したいと思います!

1ヶ月ごとに一緒の画角から撮っていきます。

2020.8月

2020.8月

平均気温 – 高温:30℃

平均気温 – 低温:22℃

記念すべき1回目の写真。

左から、アメリカーナ、オバティフォリア、モンタナ。

地植えを実行したのは梅雨を過ぎてからですが、連日雨がふりさっそく心配中ww

イヌアイロン
イヌアイロン
用土がまったく乾かないorz

ロバ
ロバ
ありゃりゃ。

2020.11月

ビミョーだけど大きくなってる。(というか、雑草がすごい)

植え替えてからは、2,3枚ほど展開したと思います。そして葉も少しずつ大きくなっている。

短期間の観察だけど、結論は「鉢植えで育てるよりも大きくなるスピードが速い」ということ。

地植えは思ったよりもすごかったww

まぁ次の課題は今年の冬を越せるかどうか…ですね。無事に冬越しができたら次回は5月か6月に更新してみます!

まとめ

・地植えで大きくカッコよく庭に飾ろう!

・耐寒性のある品種と水捌けのいい用土の選定が必須

・地植えのタイミングは可能であれば春がベスト!

アガベは丈夫な植物なので、きちんとその用土の特性を掴んで育てることができればバッチグーです。

当方少し気温が平地よりも低い場所に住んでいますので、無事に冬越しできるか楽しみです。

進捗があれば、どんどん追記していきます。

というわけで今回は以上になります。

最後までご覧いただきありがとうございました!